外国人の在留資格に「介護」を新設する入管法の改正法案が、国会で成立し、

来年から新しい制度が始まるようですね。

人材不足で悩む介護現場で、外国人の受け入れが広がるかもしれませんが、

その反面、言葉や習慣など意思疎通への不安は強くあるようです。

 「留学」の在留資格で来日した人が、介護福祉士の資格を取得した場合、「介護」の

在留資格に切り替えたうえで介護現場で働けるようになります。

いずれにしても、現場では、まだまだ手探りだったり、まわりの様子伺いに

なりそうです。