201610月よりパートタイマーなどの短時間労働者の方に対して、

社会保険(健康保険・厚生年金保険)の適用が始まりますね。

ただ、全ての短時間労働者の方が対象になる訳ではなくて、

『特定適用事業所』に勤務する短時間労働者の方が対象になります。

『特定定期用事業所』とは何かというと、「社会保険(健康保険・厚生年金保険)

の加入者が1年の間に6か月以上500人を超える事が見込まれる事業所」です。

なので、501人以上の企業で働いている短時間労働者の方は、適用拡大の

対象というように企業規模によって異なりますので、ご注意ください。

また、適用となる短時間労働者の方の条件は、

正社員の4分の3未満の労働時間や日数で、下記の条件を満たす方です。

 ①       週の労働時間が20時間以上(雇用保険の加入要件と同じ)

 ②       雇用期間が1年以上の見込みがあること

 ③       年収が「106万円」以上(月収が88000円以上)

 ④       学生でないこと

派遣社員の方も、自分が籍を置く派遣会社によって異なりますので、

特定適用事業所に該当する場合は、会社から案内があるでしょうから、

それに沿って手続をしましょう。

ちなみに、500名以下の会社に勤めている短時間労働者の方の社会保険加入は、

従来通り「130万円」以上です。



大阪・兵庫・京都で看護師・介護士・ヘルパーとして働きたいあなたを応援!