こんにちは、最近は各所でインフルエンザが流行っていて
派遣先の施設でも対応に追われている所もあるようです。

ウイルス感染への対処法として、うがい手洗いは当然ですが
そんなに頻繁にうがいはできません。
そんな中、風邪や感染症の患者さんを毎日診ている病院の医師は、
どうしているのかなと思いますが、診察一人終わるたびに緑茶を飲んでいると
いう話を聞いたことがあります。

緑茶に含まれるカテキンとテアニンにインフルエンザの発症を減少させる効果が
あるそうです。
カテキンには殺菌作用があり、胃の中の入ったウイルスにも殺菌効果があるそうです。
テアニンは、アミノ酸の一種で免疫力を高める効果があるそうです。
一日複数回飲めば、効果がありそうですね。


最近のニュースの中で、同一労働同一賃金というワードを見かけることがよくあります。

同一労働同一賃金の論点は(Q&A) 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS23H4Q_T20C16A2EA2000/


昨年改正された派遣法とほぼ同時期に施行された法律で、正式名称は
「労働者の職務に応じた待遇の確保等のための施策の推進に関する法律」といいます。

内容としては、簡単に言うと正社員とパートや派遣などで働くいわゆる非正規社員との賃金格差を解消しましょうというものです。

ただし、外国と違って終身雇用や年功序列といった日本型経営を重んじてきた
企業も多くあり、職務や業務でひと括りにするというわけにはいかなさそうです。

単純に非正規社員の賃金を上げれば、労務費全体があがることになる為
今度は正社員の賃金を下げようという動きにつながりかねません。

ここ数年、企業利益があがってきている分を待遇改善に回していくという意見もありますが
最近の株安の状況も見ると、先行きがそこまで明るいかという不安もあります。

今後も議論の行方を見ていきたいと思います。