皆さんこんにちは~
気づけば1月ももう終わりですね
時の経つのは本当に早いものです

さて、本日はオススメの小説第2弾です
本日オススメするのは容疑者Xの献身です

以前に引き続き東野圭吾さんの作品です
映画化もされていますのでご存じの方も多いのではないのでしょうか
ガリレオシリーズ第3弾の作品なのですが、この題名の意味は最後まで見ると分かります

あらすじは…
あるアパートで殺人事件が起こってしまうんですがその隣に住んでいる石神という高校の数学教師がその事に気づくんです。
殺人を犯してしまった親子は放心状態なのですがその親子に天才的な頭脳を持っている石神が救いの手を差し伸べます。

そしてその数日後その殺人が明るみにでるのですが、いろいろな状況からその親子に警察は目をつけます。
ですが、その親子には完璧なアリバイがあるんですね~

困り果てた草薙刑事は天才物理学者の湯川先生に相談するのですが…という内容

今回も湯川先生は見事トリックを暴くのですが、最後はとても切ない終わり方でした。
映画版は草薙刑事のポジションにドラマで出ていた内海刑事がいましたね。

そしてなんと言っても石神の最後の慟哭。
あれは小説も映画でも鳥肌が立ったシーンでした。
本人の中では全てがうまくいっていたはずなのですが、最後の最後で本人が思っていなかった事態が起こってしまい全ての計画が無駄に終わってしまうんです。

読み終わったあと、決して明るい気持ちにはなりませんが何度も読みたい小説です

大阪・兵庫・京都で看護師・介護士・ヘルパーとして働きたいあなたを応援!